PADI IDC バリ島 ダイビングインストラクター開発コース

HOME > 各種インストラクターコース > EFRインストラクター

EFRは世界中で実施されている国際基準の救急法プログラムです

スペシャルティ・インストラクター

赤ちゃんがおもちゃを飲み込んだ、会社の中で突然上司が倒れた、海辺で子供が溺れている、交通事故でけが人が出たなど、いざというときに頼りになる救急法。

エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)は、世界中で実施されている信頼の救急法プログラムです。そしてこのコースはリーダーとなって社会や地域の中でEFRを広め、教育啓蒙(けいもう)していただく方々を養成するコースです。EFR各コースを終了された方々に受講資格がありあます。18歳以上の方でCPRとファーストエイドにおいて、所定のトレーニングを受けている方ならどなたでも参加出来ます。

最新の医学基盤に沿った信頼のプログラム


EFRは、国際的に認められている医療ガイドライン「AHA心肺蘇生法と救急心血管治療のための国際ガイドライン2005」に基づいてます。また国際心肺蘇生法連絡委員会(ILCOR)の基礎生命維持(BLS)部会で作成された手順を採用しています。ILCORとはオーストラリア、カナダ、ヨーロッパ、南米、ニュージーランド、南アフリカ、アメリカ合衆国の主な蘇生法関連の組織の代表する国際基準グループです。

注目のAED(自動体外式除細動器)の講習を採用


AEDとは、心臓が不規則な痙攣(細動)を起こしている人に自動的に電気ショックを与え、心拍を正常に戻すことができる小型で持ち運び可能な機器です。救命率が飛躍的に向上することで、世界的にも認められてきています。日本でも緊急時には一般の人でも使用出来るようになりました。

習得するまでのシステムがすべて揃っています


システム的に覚えられるように、指導方法(ストレスを与えない実践応用スタイル)や教材(ビデオマニュアル)が揃っています。これにより「簡単に覚えて、必ず使える」を実現しています。

ここが特徴、EFRの優れた点


習ったことが現実に実践でき、万一の緊急時にも実際に助けることができるようになるのが最大の特徴です。「習った緊急法が、実際の現場では役にたたなかった」、「手が出せなかった」という事がないように工夫されたのがEFRプログラムです。

EFRのプログラムは世界中で実施


EFRは現在世界中で実施されています。インストラクターは世界で約3万人、日本国内でも3千人が活動しています。世界で年間約6万人、日本国内では毎年約6千人の人がEFRで緊急手当プログラムを学んでいます。

参加条件


  • 18歳以上
  • EFR一般レベル(一次/二次/子供)を修了し有効期限内の方。または、他の救急法経験者、医療関係者の方
  • コース料金


    ¥37.800

    コース日程


    2日間(EFRインストラクタートレーナー基準)

    コース料金に含まれるもの


  • 講習費
  • ランチ
  • ドリンク
  • バリア
  • グローブ
  • 施設使用料
  • 保険
  • コース料金に含まれないもの


    PADIへ直接お支払いいただく費用:

  • EFRインストラクター申請料: AU$ 134.00

  • 教材:

  • EFRインストラクターマニュアル ¥17.700
  • 一目でわかる緊急ケアガイド ¥1.100
  • 日本人EFRインストラクタートレーナーが担当致します。日本語での講習です。ブルーシーズン・バリには日本人EFRインストラクター・トレーナーが3名在籍しております。ご質問等はお気軽 contact@idc-center-bali.comにまでお寄せください 。

    Next: PADIスペシャルティ・インストラクター・コース


    Blue Season Bali
    PADI 5スター CDC R6570
    IDC概要 | 各種インストラクター | PADI IDC施設 | コース料金 | IDCスケジュール
    Copyright © 2013 Blue Season Bali. All rights reserved.