PADI IDC バリ島 ダイビングインストラクター開発コース

HOME > ダイビングインストラクターコース概要 > IDC必要器材

PADIインストラクター開発コース必要器材

すべての海洋実習中、生徒ダイバー・認定アシスタント・インストラクターは、下記の器材を必ず使用しなければなりません。

  1. フィン、マスク、スノーケル
  2. 圧縮空気タンクとバルブ
  3. タンクマウントまたはセパレート式バックパック付き浮力調節具(BCD)とパワーインフレーター
  4. メインのレギュレーターとバックアップ空気源
  5. 残圧計
  6. 深度計
  7. クイックリリース式ウエイトシステムおよびウエイト(中性浮力を取るのに必要、またはスキル練習に必要な場合)
  8. ダイブのコンディションに適した保護スーツ
  9. 音のでる緊急用水面シグナル器材(ホイッスル、エアーホーン)など少なくとも1つ
  10. ダイブコンピューターもしくはRDP(eRDPMLまたはテーブル)
  11. 時計
  12. コンパス
  13. ナイフ/ダイバー用ツール(例外:条例等で禁止されている場合)
  14. 緊急用シグナル器材2個
    1. 音の出る器材1個(ホイッスル、エアホーンなど)
    2. 視認できる器材1個(シグナルフロート、照明弾、シグナルミラーなど)
  15. ダイブ・フラッグ – 条例等で義務付けられている場合
  16. ダイブコンピューターまたはRDP/eRDPMLの使用説明書

:)上記は「PADIインストラクターマニュアル・一般規準 P15」に準じています。【2011.9】


Blue Season Bali
PADI 5スター CDC R6570
IDC概要 | 各種インストラクター | PADI IDC施設 | コース料金 | IDCスケジュール
Copyright © 2013 Blue Season Bali. All rights reserved.